歯科治療の料金はどうなっているの?

「芸能人は歯が命」なんて言われていますが、
一般人においても歯は非常に重要な役割を担っています。
人間の平均寿命が延びている原因のひとつに、歯を健康に保ち、
入れ歯などの登場で租借をしながら
食事を摂取できる環境が整っていることが挙げられるようです。
それだけ、健康を維持させるためにも歯は大切になってくるのです。

 

しかしながら、日常生活を送ると、
遺伝などの関係もあるようですが
虫歯に悩まされることもあるでしょう。
この虫歯、放置しておくと大変な痛みを伴いますし、
重度になると抜歯をしなければならない展開も予想されます。
そうなると、かなり大変な状況に追い込まれることになりますから、
注意をする必要があるでしょう。

 

豊洲の歯医者でインプラントや矯正をするならパークシティデンタルクリニック

 

 

歯科治療において、
治療費はどうなっているのか気になる人もいることでしょう。
実は、歯科治療における治療費は保険が
適用できるかどうかによって大きく変わります。
歯科治療では、通常の病院と同じように健康保険が適用されます。
ただ、それは認められた治療に限られており、
それ以外の方法を望む場合には、
自費で支払わなければならないので、
治療費がかなり高額になる恐れもあります。

 

通常の治療では、噛むという動作が他の人と同じようにできる治療が、
保険範囲内と規定されています。
つまり通常の虫歯治療などでは大概は保険適用が受理されるということです。
それ以外になると、自費になる可能性もありますので、
その部分は病院で診察を受けた際に相談してみるのが良いでしょう。

 

保険適用か、自費かにより歯科治療にかかる料金は大きく変わります。
機能強化という面以外での治療であれば
保険適用になるという簡単なルールだけでも覚えておくのが良いでしょう。

歯科治療の流れとは?

歯科治療と言っても、
歯の状態によって治療方法や
必要な時間などは大きく変わります。
多くの人が認識している歯科治療に「虫歯」がありますから、
虫歯を例として取上げて、
どういった治療の流れがあるのかを確認していきましょう。

 

まず覚えておきたいのが、
虫歯には進行度合いによってC0からC4まで区分されており、
それぞれに応じた治療方法があります。
人間が日常生活を送っている中で、
虫歯によって歯茎が腫れるなど自覚症状を伴う場合は、
通常はC2まで進行している場合がほとんどです。
つまり、定期健診を受けていない時に、
初期状態で発見するのは不可能に近いため、
歯の健康を保つためにも定期健診は行っておきましょう。

 

C0からC1に関しては、
初期症状として検査を受けたときに発見されて、
本人が気付くというパターンがほとんどです。
この状態であれば適切な歯磨きを行っておけば
自然と治ると言われています。
C1に関しては、虫歯である部分を削って、
レジンや金属を詰め込むという作業もありますが、比較的簡単に終ります。

 

C2からC3になると、痛みを伴い、歯茎が腫れます。
虫歯菌が、歯を貫通して
根っこの部分にまで入り込んでしまっている状態です。
こうなってくると、歯そのものではなくて根っこの部分を治療しなければいけません。

 

虫歯で苦しんでいたのにいきなり痛みを感じなくなった場合、
それは神経が破壊されてしまったことが原因です。
そこまでいくと、次のC4の状態を意味します。

 

C4になると治療することができませんので、
早めに抜歯をします。抜歯をしたところを、
どのように治療をして再び噛める状態に持っていくかが求められます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る